いつ誰がなってもおかしくない

くも膜下出血っていつ誰がなってもおかしくないので怖いですね。
自分の好きだった作家さんがくも膜下出血で亡くなったと聞いたときもショックでした。
小さな出血をすると頭痛がするけれど、片頭痛などの痛さと変わらないとなるとみつけるのは難しいでしょね。
警告頭痛を見極めるためには。
とある人の例
吐き気で目が覚めて、同時に頭の後ろが痛い。
これをすぐに異常だと感じて、受信をしてくも膜下出血とわかったそうです。
片頭痛も吐き気を伴うのがまた難しい。
薬を飲んでも休んでもよくならない、意識がおかしくなるのは注意が必要です。
目の神経の近くに動脈瘤が出来ると大きく膨れるのでまぶたが開かなくなる。
いつものこと、自分が病になるなんてそんなことない、という希望的観測はやめるべきですね。

コメントは受け付けていません。