春の感染症に注意

春の感染症に注意しなければならない季節になりました。
感染症とは・・・体の中にウィルスが入り込み増殖して炎症→発症
溶連菌感染症
5歳以下の子供に多いが大人にも増えているようです。
喉の痛み、高熱、声が出ない、水を飲むのも辛いという扁桃腺に感染する病です。
冬と春がピークなのでこれからの季節に注意が必要!
大人がかかるのは子供からの感染、または子供とかかわりがなくても飛沫感染、接触感染。
今、流行っているコロナウイルスもそうですね。
若い人でも免疫力が低下しているときには病気にかかりやすくなる。
肺炎や腎炎など重くなることもあるし、劇症型はなんらかの原因で変異して体を壊死させるので人食いバクテリアと呼ばるケースもあります。

コメントは受け付けていません。