孤独死というネーミング

高齢者が一人で住んでいるなかでいつの間にか亡くなっていたというケースを「孤独死」と言い出してどれくらいたったでしょうか。
超高齢化社会なのだからお年寄りだらけです。
亡くなってから数日がたっていたなんてことになると、あてはまるネーミングですが、そんな言い方はやめてただの「急死」でいいじゃないかと発言した人がいてはじめて私もそう思いました。
誰ともかかわらずに人知れずに亡くなっていたイメージなので、孤独死はやっぱり良い言葉ではないですね。
ひとりイコール孤独というのは、第三者から見ての感想でしょう。
もちろん孤独だったかもしれないけれど、もしかすると一人で自由気ままに生活していて誰からの世話にもならないという生活だったのかもしれません。

コメントは受け付けていません。