昼間の気温と夜間の気温と

東京で一年のうち一番平均気温が高いのはいつでしょうか?
これはもちろん8月ですね。
しかし日が一番出ているという夏至は6月ですよね。
それなのに月の平均気温が最も高いのは8月なのはいったい何故でしょうか。
地面は温まるのに時間がかかるというのをご存知ですか。
太陽からの日射が直接温めるわけではなく、地面を温めるのです。
それで空気が温まるには時間がかかるわけです。
太陽が一番上にあるのは12時ですが最高気温を記録するのは2時というのもこれによりうなずけますね。
7月8月は熱帯夜が多い
最低気温25度以上の夜が熱帯夜
気温35度の昼の時に湿気が40%
夜の気温25度が80%になることがあります。
温度ではなく湿度が高くて夜になっても涼しく感じない。
湿度は夜の方が上がる。

コメントは受け付けていません。