社会という閉鎖空間

時が流れるのは本当に早いです。
ほんのちょっと前のことかと思ったら、それは去年のことだったということがさっきあったんですよ。
子育てをしている同年代よりも時間に余裕があるはずなのに私はいったいなにをしているんでしょうかね。
子供のの話しを聞くのは好きなんですけど、相手が気を使って私には話そうとしない雰囲気がある時があります。
そういう雰囲気に気がついても気が付かないふりをするようにしています。
本心をうちあけたわけではないのでそれはお互いさまのことで仕方がないことかなと思います。
人との付き合い方もどこまで踏み込んでいいものか、また本心をうちあけるべきなのかその距離感が難しいです。
学校という閉鎖空間と社会という閉鎖空間では違いますからね。