人のふり見て・・・

コンビニのアルバイトってやることがいっぱいあって大変そうだなと思います。
でも若い子も多いですよね。
私がよくいくところは主婦っぽい人が多いですけど。
配送されてきた商品を陳列もせずに、孫のプレゼントがどうのこうのってプライベートなことをベラベラしゃべっている人とかね。
レジの中で隣同士で小声で話しているとかじゃないのも驚きですよ。
平日の昼間で私以外のお客さんは2、3人というくらいでしたけど、楽そうでいいなぁと思いました。
嫌だなと思っても交通の便を考えるとよく利用するコンビニだから、見なかったことにすりしかないですね。
でも今後も何度も似たようなことがある場合は、そっと本社にクレームでもつけようかしらと思います。
個人を特定できないようにしますけど、これってクレーマーじゃないですよね?

 

悲しいだけの転職にならなくて良かった

スポーツジムで働いていた友人が、いつの間にか子供スポーツクラブに転職していました。(余談ですがその旦那さんも同時に広告業界からコンサルティング業界に転職したらしい!)
私の息子は年中です。幼稚園ではお迎え時間の後、週に何回かスポーツクラブ主催の体操教室やサッカー教室が開催されています。「うちの息子もそろそろ・・」と思って見学したら、例の友人が指導していて驚きましたね。

「スポーツジムが楽しそうだったのになんで転職したの?」と聞くと、少し言葉を濁すように「厄介なお客さんがいてね・・」と苦笑いしていました。その時は「ジムにも変なお客がいるのね、大変ね」位に思っていたんですが・・。

息子がクラブに入り、何回か顔を合わす内に「厄介なお客さん」のことも聞けました。

その人は高齢のおばあちゃんで、ジムに入会した途端「あなたは私の恋人だから、送り迎えをしなさい」と言ってきました。冗談かと思って笑っていたんですが、本人は本気で他の会員さん達にも彼のことを「私のだから話さないで」と牽制。

さすがにジムのオーナーが注意したんですが、全く直らないので強制退会させたら警察に「暴行を受けた」なんて言ったそうです。もちろん濡れ衣ですが「自分がいると、今後も嫌がらせは続きそう」と思った彼は転職することにしたそうです。それに奥さんは妊婦さんだったので少しでもリスクを減らしたかったとか。友人は何も悪くないのに・・可哀想ですよね。

しかし「転職した直後は悲しかったけど、子供達を育成していく今の仕事がとても楽しいから良いんだ」と笑ってくれました。確かにイキイキと指導していて「転職が良い方向に働いて良かった」とホッとしましたね。