春の感染症に注意

春の感染症に注意しなければならない季節になりました。
感染症とは・・・体の中にウィルスが入り込み増殖して炎症→発症
溶連菌感染症
5歳以下の子供に多いが大人にも増えているようです。
喉の痛み、高熱、声が出ない、水を飲むのも辛いという扁桃腺に感染する病です。
冬と春がピークなのでこれからの季節に注意が必要!
大人がかかるのは子供からの感染、または子供とかかわりがなくても飛沫感染、接触感染。
今、流行っているコロナウイルスもそうですね。
若い人でも免疫力が低下しているときには病気にかかりやすくなる。
肺炎や腎炎など重くなることもあるし、劇症型はなんらかの原因で変異して体を壊死させるので人食いバクテリアと呼ばるケースもあります。

孤独死というネーミング

高齢者が一人で住んでいるなかでいつの間にか亡くなっていたというケースを「孤独死」と言い出してどれくらいたったでしょうか。
超高齢化社会なのだからお年寄りだらけです。
亡くなってから数日がたっていたなんてことになると、あてはまるネーミングですが、そんな言い方はやめてただの「急死」でいいじゃないかと発言した人がいてはじめて私もそう思いました。
誰ともかかわらずに人知れずに亡くなっていたイメージなので、孤独死はやっぱり良い言葉ではないですね。
ひとりイコール孤独というのは、第三者から見ての感想でしょう。
もちろん孤独だったかもしれないけれど、もしかすると一人で自由気ままに生活していて誰からの世話にもならないという生活だったのかもしれません。

武漢から帰国した人

武漢から帰国した人の中で発熱などの症状がないとしても、病院で検査するって話しだったのになんと2人が検査拒否。
信じられない2人ですね。
そんな人は武漢に置いてくればよかったのに。
そもそも、その検査を拒否する権限なんてないでしょ。
次の便からは拒否する人は帰国させないとかにしないと。
拒否した2人は検疫官が家まで送ったそうですけど、何様なんだよ。
ほとんどの人が隔離希望していて、それが普通だと思いますよ。
だって自覚症状がない人からもうつるってわかっているんですよ。
そもそもそういう人は家族にうつるかもしれない恐怖はないんですかね。
1人暮らしだったら二週間自宅待機なんて出来ないだろうから外出しそう。
帰国後の事をもっと明確にしておくべきでしたね。

すっごい食べてみたいと思ったアイス

すっごい食べてみたいと思ったアイスがコンビニ限定でなんと約500円するんですよ。
アイスというよりもケーキのように、何層にもなっているものでして。
写真を見たらとてもとても食べたいと思いました。
実際に実物をまじかで見てみたのですが、やっぱり500円はちょっと・・・。
ストレスまみれで生きているんだから、たまには良いかなって気もしています。
しかし!!!
コレは500円の価値ありだわ!!
ってなったとしたら、嬉しいですし満足するでしょう。
でもそしたらまた食べたくなりますよね。
そんなに何度も買いたくなってしまったら、困ります。
じゃあ、値段ほど美味しくないわってなったら、せっかく500円出したのに!って腹がたつでしょう。
どっちにころんでも困るな。

ウィルスや細菌が喉に付着しやすくなる

慢性鼻炎の私としては一生、口呼吸で生きていくことになると思います。
レーザーで焼いても元に戻るとも聞きますしね。
口呼吸をするとウィルスや細菌が喉に付着しやすくなるので風邪をひきやすい。
それは薬剤師じゃなくても知っています。
でも慢性鼻炎の口呼吸ですがほとんど風邪にならないのは何故なんですかね。
鍛えているということもないし、ただたんに風邪菌と出会っていないからとか?
しかし虫歯になりやすいというのは分かる気がします。
口呼吸をすると口の中が乾燥して唾液が減ってしまって細菌が増えてしまいます。
お昼休憩の時に歯を磨いているのは私だけなのに虫歯になってしまうのは、口呼吸のせいだろうなと思っていますよ。
とっても困ります。

明るいカツアゲ

漫才をテレビで放送していても見ないので、芸人さんの本業ともいえるシーンは見たことがありません。
メイプル超合金だって、なつさんのあのみてくれに衝撃を受けつつ、カズレーザーも変だし面白いから好きってくらいでした。
どんな漫才をしているのかなと思ったことはありますけど、やっぱりそっちは興味がないんです。
2人とも個性的な容姿だけど発言は好意的なモノばかりです。
なかでもカズレーザーの
「結婚式の祝儀は明るいカツアゲ」
っていうのがいつ思い出しても笑えます。
だっておめでとうという気持ちはもちろんあるし、食事代やお返しもあるからお金がかかっているのはわかるけれど、ご祝儀って安い金額ではありませんからね。
数千円で軽食でいいですよ。(笑)

野生動物にエサ

観光客が野生動物にエサをあげたり、写真や動画を撮りたくて近づいたり。
自分勝手な人ばかりいて嫌になりますね。
私は観光に行きたいとは思わないので同じようなところにはいかないし、アホなことをする気はしません。
そもそも人はなんで観光なんてするんでしょうか。
話しがかわってきてしまいました。
観光客の迷惑行為について報道などで聞くたびにイラっとくるし、罰があたればいいのにと思いますよ。
観光地に住むのは嫌ですね。
シーズン中は大渋滞ということも聞きますし、ゴミとか捨てられて行くし。
北海道ではヒグマに近寄ったり、車を適当に停めて渋滞させたり。
一度痛い目にあわないとわからない人はいるでしょうけど、痛い目だけで終わるとは限りません。

「よろしくパンダ広告社」

図書館で借りた「よろしくパンダ広告社」を読みました。
パンダが広告会社で働いている、という内容でなんとなく借りてみたら読み仮名がふってあるティーンズ文学でした。
コピーライターの僕、パンダ君。社長のパンダ、デザイナーのパンダ子ちゃん。
パンダしか採用しないのか?みんなパンダです。
他にも存在するのはみんな動物です。
作者さんが元コピーライターとの事で、動物たちが働いているとはいえ広告業界の本当の事が書かれているみたいです。
大きなもめごともなく、ふんわりと進んでいきますけど、お仕事をしています。
平和そうな世の中で羨ましいです。
母の日や父の日はあるのに、「わたしの日」がないというのも、確かに!と思わず声に出てしまいました。

お祭りとセットで打ち上げ花火

夏になるとお祭りとセットで打ち上げ花火がありますね。
暑いのは大嫌いなのでお祭りにも行きたくありません。
お店の中から打ちあがる花火を見て飲食、というのならいいですけども。
浴衣を着ておしゃれをしても汗だくで歩き回るのは嫌です。
だからお店の中ならいいよといいながらも、そんなことにお金をかけることも良いとも思えないので結局は、お祭りには行く気はしないということです。
毎年毎年、どこかしらで花火の事故が起きていますよね。
不幸な事故とはいえ、危険なところには行きたくない気持ちもあります。
花火の事故ということは火傷になるでしょうから、ただの事故だけではないですよね。
楽しい祭りが嫌な思い出にならないように祈るばかりですよ。

梅雨の時期

梅雨の時期になると体がだるくなる時の秘策、というのをテレビでしていたんです。
気圧が下がるときも上がる時も体調が悪くなるものなので、日常に使うように耳栓を装着するだけで体調不良になりにくくなるそうなんですよ。
内耳にかかる気圧のダメージを少なくすうることが出来るとか。
でも耳栓をして生活をすることってなかなかできないですよね。
あとは耳を手でマッサージする方法などなど。
後輩薬剤師さん(年齢は私よりも15歳くらい上)は、気圧の変化で体調が悪くなる人です。
だからこの情報はどうだろうと思って、話してみたら
「聞いたことがある。いろいろ試してもダメなんです」って。
人によって合う合わないはあるだろうから、難しいですよね。