手で持たなくても良い傘

手で持たなくても良い傘。
それはそれは便利なものですけど、想像がつきません。
写真を見たら笑っちゃいました。
防水性のあるビニールのものを頭からすっぽりかぶっているんです。
ただのカッパではなく、そのビニールは肩の上までであり水は洋服に落ちないようになっています。
文章で説明するのがすごく難しい。
頭もビニールで覆っているのでドラえもんの仮装みたいなものかなぁ。
見た目が滑稽なのに売り切れ中なんですって。
私が見たのはスーツ姿の男性でしたが、これが山歩き中とかならありだと思いましたよ。
両手がふさがらないで歩けるのは良いことですしね。
山歩き中ならば街中と違ってビジュアルも気になりませんよ。
むしろ最適すぎてうらやましいグッズになります。

車に傷をつけられたトラブル

車に傷をつけられたトラブル。
よくみたら隣りの車の塗料。
しかしお隣はカーシェアの車だったので簡単にはすみませんでした。
運営会社が無人のだったので対応していないといわれたとか、当事者同士で話し合ってと言われても運転者は個人情報なので教えられないなんて酷いですよね。
万一に備えての保険はカーシェアの会社に申告がなかったので保険適応外。
ひとごとですけど、そんな逃げ得なんて許せませんね。
警察が動いてようやくなんとかなったようです。
まず話し合いの相手すら見つからないなんてストレスです。
隣りが常にそんな車だったら嫌なので私なら解約しますね。
自分がお金を払っているのに他人が停めてしまった時間をとられるパターンも大変なようです。

コミュニケーションって大切

身近にいる男性はもちろんのこと、女性が髪型を変えたと気がついてもとくに声はかけません。
そのあとに来た人がすぐにその話題を出したときに、ここは出しておくべきだったなと思うことはあります。
私自身は変えたからといって誰かに言ってもらいたいとは思わないから自分も言わないのですが、コミュニケーションって大切ですよね。
女性が多い職場では、容姿の変化についての話題は普通のことですし。
でもあまりにも褒めると、今までずっとしていた髪型が変だったととらえかねないなというのが先日ありました。
かなりのくせ毛の上に、言い方は悪いですけど田舎のヤンキーみたいに明るい茶色い紙の女性がいたんです。
くせ毛で自毛の黒だと重たいからかなと思っていたので、黒くてくせ毛を抑えた髪にしてきて驚きました。

高速道路での落下物

海外であった高速道路での落下物にぶつかった映像を見ました。
前を走るトラックの部品が助手席に直撃したのです。
助手席の後ろの後部座席には生後3か月の赤ちゃんがいたので数センチずれていたら大惨事になっていた可能性があります。
無事で本当に良かったです。
そして、SNSでドライブレコーダーの映像と写真を載せたところ前を走っていたトラックの運転手が名乗り出たというのだから二十に良かったです。
高速道路で他の車のせいで危害を受けても、相手側を捕まえることができなければ誰も費用は負担してくれません。
加害者がみつかるのは1割にもみたないと聞くと、被害に遭っただけではなく損害も出るでしょうから腹が立ちますね。
車間距離は大事だなと痛感もしました。

セルフのスタンド

私は原付バイクを利用しているのですが基本的にはセルフのスタンドで入れるようにしています。
某チャージ式カードで入れることが出来るのでとても便利です。
そこには静電気除去シートがあるんですよね。
人に蓄積された静電気でガソリンが爆発・・・なんてことになったら怖いので必ず触れるようにしています。
やっぱり怖いので両方の手のひら全体をつけています。
でも、実は指先だけでも良いそうです。
誰がどんな風に触ったかわからないので、少々ばっちぃかなと思ってはいたのですが爆発しても困るしいやいや触っていました。(笑)
でも、どうやらその静電気除去シートには消費期限があるようなんです。
私がいつも行っているところは大丈夫だろうかと心配になりました。

誰にも相談できない

誰にも相談できないということが世の中にはありますね。
本当は、知っているんですよ。
全く知らない人でもなんでもネットで探せば、相談にのってくれる人はいそうな気がします。
でもそれじゃ、嫌だし、答えもわかっている。
身近な人に直接会って相談したいのにそういう人がいない自分は本当にダメな人種だなと思ってしまいます。
誰でも良かったなんて言って、通り魔を起こす人は大抵が無職。
人間関係が原因で退職。
そんなのはどんな人にだってある。
うまくいかないからと言って、身内のお金で生きて、その上で人殺し。
クズ以下のそんな奴よりは自分はマシ。
そう思っても今の自分の気は晴れないどころか被害者の素晴らしい人柄が報道されるたびに落ち込みます。

色が綺麗なものが好き

カラスは色が綺麗なものが好きなんてことをはじめて知りました。
そもそも、赤かと青とか判別できるんですね。
カラスに限らず鳥は全部、鳥目だと思っていましたがそこからすでに誤解だったようです。
そもそも知能が高いカラス。
木よりも丈夫なので針金のハンガーを好んで持っていき、巣をつくるということが多発しているようです。
Tシャツを器用に落としてハンガーだけ持っていくカラスの動画なんてみたらかなわないなって思ってしまいます。
カラスの巣のせいで停電が多発しているなんて、電気があるのが当たり前の暮らしをしているのでかなり困りますよね。
ノートパソコンを使用しているので、つないだコードから電気がこなくても大丈夫ですがデスクトップは切れてしまうので困るかな。

思い出すと腹が立つ

思い出すと腹が立つことがあります。
でもそんな風にいつまでもイライラしていたり、怒ったりするのは時間と体力の無駄ですよね。
理不尽なことを言われたり、こんなにいろいろなことをしているのになんで私に?と文句を言いたくなったり。
思い出し笑よりも思い出しイライラの方が多いなと気が付きました。
忘れろ!忘れろ!と自分に言い聞かせていますけど、やっぱりしばらくは駄目ですね。
自分で勝手に思い出して、勝手に精神的に追い込まれているんです。
そんな自家発電はやめるべきと分かってはいます。
しかしそこをコントロールできないのも私の未熟なところです。
誰かに聞いてもらうしかないのだけれど、そんな機会がないようなときはこうやって吐き出すのが一番ですね。

薬剤師の私が最近気になっていること

ウエルシア薬局の薬剤師の私はたまに一人で居酒屋に出掛けます。
私が住んでいるアパートから自転車で10分ぐらいの所にあるんですよ。

そこにはだいたいいつものメンバーであるおじさんやおじいさん達が呑んでいるの。
近所の人達なんだけどね。
薬剤師の私にも気さくに話し掛けてくれます。

いつからか…その中のおじさんと一緒に働いているという若い男性も来るようになりました。
歳は私と同じくらいかちょっと下くらいかな。

男性は私が居酒屋に入るとたいていおじさんと呑んでいて、私を見付けると笑顔で寄って来るようになりました。
尻尾を振っている犬みたいです(笑)

そしておじさんと男性と私と三人で呑む羽目になるの。
正直、薬剤師の私は他のおじさんやおじいさんとも話がしたいのだけど…
ご飯を食べてお酒をちょっと呑んで、ひとしきり話が終わると私は家に帰ろうとします。
そうすると…男性が店の外まで送ってくれるんですよ。
そしていつも私のお腹を触り「プニプニだねぇ。」と言ってくるの!
ちょっとわけが分かりません!

でも一つだけ分かっていることがあります。
それは私はその男性の笑顔に逆らえないということ…
もしかして薬剤師の私は惹かれ始めているのかもしれません…
ちょっと不覚なんだけど(笑)

迷い人のアナウンス

実家では迷い人のアナウンスがけっこう頻繁に流れています。
そんなところに高齢化を感じたりしますね。
犯罪情報のアナウンスははじめて聞いたかもしれません。
強盗致傷の放送があったんですよ。
午後6時20分頃のことでした。
歩行者の女性が自転車に乗った男に荷物をひったくられそうになり転倒して顔面をぶつけてしまったそうです。
前には隣の市で、「刃物のようなものを持った男がいた」というものでした。
あれ。こっちは犯罪情報か。
棲んでいるところが隣との境近くなのであっちのアナウンスもすごく聞こえてきます。
犯罪ってテレビの中だけというか自分とは遠いところにあるものだという感覚があります。
でも普段から気を付べきことはたくさんありますね。